AGAという脱毛症について

髪が薄くなったかななんて思うことありますか?髪は年齢とともに、白髪が増えたり、抜けて薄くなったりするものと思っている人がほとんどだと思いますが、白髪も薄毛も老けた印象を与えるので、気になるという人もいるでしょう。

髪が薄くなる、白髪になるというのは加齢によって仕方のないことだと思っている人もいるかもしれませんが、薄毛になる原因の多くにAGAという脱毛症があります。

AGAを聞いたことがありますか?最近はAGAの治療が進み、AGA自体も広く知られる様になってきました。

AGAとはAndroGenetic Alopeciaのことを指し、日本語にすると男性ホルモンによる脱毛症となります。

成人男性もほとんどがこのAGAによって薄毛になっています。

AGAは、男性ホルモンが関係しているとあって、発症するのは男性ホルモンが多くなる思春期以降となります。

これを読んでいて、もしかしたら、AGAかもしれないと思ったら、今はインターネットで簡単なセルフチェックなどもできますので、調べてみてください。

現代社会では、まだまだ若い世代でもある20代、30代に発症する人が増えている様です。

AGAは進行型の脱毛症なので、もしも異常な抜け毛がある様な場合は、できるだけ早い治療をおすすめします。

特に何もせず放置しておけば、そのまま薄毛が進行して、ゆくゆく禿げてしまうこともあるので、一人で悩まず、まずは医師に相談してみましょう。

私は名古屋の住人ですのでこちらのAGAの専門病院をお勧めします。